貸切バスを借りよう<メリットがたくさんある>

レンタルされているもの

一口にバスと言っても種類は様々ありますが、バスに乗れる人数には差があるのです。ですので、そういった葬儀にどれくらいの人数が乗れるのか把握しておくと良いでしょう。

利用されているバスTOP3

no.1

27人乗り

このくらいの人数であれば、家族葬などの少ない人数で葬式を行なう際でも利用することが可能となっています。それでいて、トイレが備えられているので、自宅から火葬場が遠いところにあっても安心です。

no.2

52人乗り

標準サイズとなっているので、家族以外に親せきや故人が親しくしていた友人などをもバスに乗ることが可能となっています。また、コンセントが付いているバスもあるので、乗車中に利用することもできるでしょう。

no.3

60人乗り

60人を超えるほどの葬儀をする場合は大型バスを手配すると良いでしょう。例えば、社葬をする際に便利です。そうすることによって、従業員だけでなく取引先の方なども呼ぶことが可能です。長時間座っていてもお尻が痛くならないよう、シートが工夫されているバスもあります。

貸切バスを借りよう<メリットがたくさんある>

座席

目的地を決められる

自宅や葬儀社から火葬場まではもちろんのこと、葬儀に来てくれた人の最寄り駅や自宅などに向かわせることもできるので、葬儀をするなら貸切バスを予約すると良いでしょう。そして、料金は割高になりますが、関東地方から関西地方でも予約をすることが可能です。

安全性評価認定

長期的にバスを運転する能力がある場合に取得できる資格を持っている貸切バス会社であれば、安心して借りることができるでしょう。また、ハンドルキーパーが必要ないので、お酒を飲むことが可能です。

時間がズレない

自分たちで運転しようとするとついつい後回しにしてしまいがちですが、貸切バスの会社に依頼しておけばスケジュール通りに発車するので、予定が狂うことがありません。また、道路が交通事故で通行止めなどになるなどのアクシデントを除けば遅刻をする恐れもないので、利用する価値はあると言えるでしょう。

料金について

移動距離などによってバスの利用料が大幅に変動します。ですので、まずは見積もりを試してみると良いでしょう。そうすることによって、だいたいの料金を算出することができるようになりますし、時間も数分程度で査定できます。

広告募集中