お通夜と葬儀の違い<意外と知らないアレコレ>

知っているようで知らない

頭の中ではなんとなく知っていたとしても、実は大きく違っていたということが稀にあります。そういったことがないように、調べておくことによって、スマートに式を執り行うことができるでしょう。

依頼から完了まで

まずは電話

葬儀会社が決まったらまずは電話をすると良いでしょう。24時間電話対応している葬儀屋さんであれば、時間を気にすることなく依頼をすることが可能です。ですので、仕事で忙しい方でも難なく予約することができるでしょう。

式を行なう場所を決める

自宅だけでなくセレモニーホールで式をすることが可能となっているので、どちらがいいか調べておくと良いでしょう。例えば、部屋が狭い場合はセレモニーホール、ある程度余裕があれば自宅と考えておくといいかもしれません。

打ち合わせ

これらが終わると本格的な打ち合わせを行なうので、疑問点などがあればスタッフに質問しておくと良いでしょう。そうすることによって、最適なプランを選ぶことができ、納得の式を執り行うことが可能となっています。

お通夜と葬儀の違い<意外と知らないアレコレ>

お花

お通夜

葬儀の前に行なわれるお通夜は、故人との別れを惜しむ為に大阪の自宅などで親しい方とご馳走を食べたり、お酒を飲んだりして思い出話に花を咲かせることを言います。ですので、できるだけ多くの人を呼んで弔いをすると良いでしょう。

葬儀

お通夜が終わった次の日に、葬儀をするために仏教であればお坊さんが来てくれてお経を読み上げてくれます。それが終わると出棺し、大阪にある火葬場まで遺体を霊柩車で運ぶのです。このような違いがあるので、覚えておくといいかもしれません。

様々な葬儀の形

no.1

少人数でできる

核家族化している現代では親せきの方と疎遠になりがちですし、仲の良くない親せきを呼ぶことで相続のトラブルの元となってしまうことがあります。しかし、家族葬であれば限られた人数でも式を実行することができるでしょう。

no.2

自由な葬儀を

故人が望んているままの葬儀をすることができるのも家族葬最大の魅力となっているので、宗教に関わらず式をすることが可能となっています。ですので、故人の遺志を尊重したい方から熱い支持を受けています。

no.3

ペット葬

自分の子供のように可愛がっている猫や犬が亡くなってしまったらとても悲しい気持ちになります。ペット葬をすれば愛猫や愛犬の遺骨を自宅や式場に保管することができるので、利用者が増えているのです。

no.4

帰郷のお手伝い

基本的に遺骨を地元に収めたい場合は、親族の手によって行なうべきですが、現代人は忙しくて手が回らないことがあるでしょう。しかし、業者に依頼することによって、無事ふるさとに返すことが可能となっています。

no.5

遺品整理

遺品整理は通常専門業者が存在するのですが、葬儀会社によってはそれも含めている場合があります。ですので、わざわざ業者を探さなくても賃貸物件の片づけをすることができるので、早く明け渡すことができるでしょう。

広告募集中